Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DB監査ツール「AUDIT MASTER」が「MySQL」と「Oracle」を正式サポート

アクアシステムズは、データベース監査ツールの新バージョン「AUDIT MASTER Ver.3.0.1」をリリースした。

同製品は、データベースの操作ログを記録、不正操作の検知や追跡に活用できるデータベース監査ツール。オンプレミス、クラウドに対応し、サーバにインストールせずにログを収集できる。

最新版では、従来の「Microsoft SQL Server」にくわえ、「MySQL 5.1」以降、および「Oracle Database 11.2.0」「同11.1.0」「同10.2.0」「同10.1.0」「同9.2.0」「同8.1.7」を正式サポートした。価格は、40万円で、別途監査対象のサーバ単位ごとに80万円が必要。

(Security NEXT - 2013/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正