Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DB監査ツール「AUDIT MASTER」が「MySQL」と「Oracle」を正式サポート

アクアシステムズは、データベース監査ツールの新バージョン「AUDIT MASTER Ver.3.0.1」をリリースした。

同製品は、データベースの操作ログを記録、不正操作の検知や追跡に活用できるデータベース監査ツール。オンプレミス、クラウドに対応し、サーバにインストールせずにログを収集できる。

最新版では、従来の「Microsoft SQL Server」にくわえ、「MySQL 5.1」以降、および「Oracle Database 11.2.0」「同11.1.0」「同10.2.0」「同10.1.0」「同9.2.0」「同8.1.7」を正式サポートした。価格は、40万円で、別途監査対象のサーバ単位ごとに80万円が必要。

(Security NEXT - 2013/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア