Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンポジウムの案内メール誤送信、参加申込者のアドレス流出 - 東大大学院

東京大学大学院教育学研究科においてメールの送信ミスが発生し、シンポジウムの参加申込者のメールアドレス339件が流出した。

誤送信が発生したのは、同研究科主催の国際シンポジウム「日英共同開発『考え込み防止』認知行動療法による折れない心を育てるWeb研修サービス」の参加申込者に送信した案内メール。10月4日16時半過ぎに一斉送信した際、送信先の全アドレス399件が表示された状態で送った。そのうち10件には氏名も含まれる。

今回の誤送信を受け、同大学では同日17時半過ぎに対象となる申込者に対して謝罪した。不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
事業者宛のメールを誤送信、メールアドレスが受信者間に流出 - 大阪市
プレスリリースの誤送信でメアドが流出 - あいな里山公園
取引先へのメールに顧客情報を誤添付 - 岐阜のCATV
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
新型コロナ陽性者情報含む文書を誤送付 - 岡山市
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
「CC」送信でメアド流出、取消処理メールでも - 東京都