Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シンポジウムの案内メール誤送信、参加申込者のアドレス流出 - 東大大学院

東京大学大学院教育学研究科においてメールの送信ミスが発生し、シンポジウムの参加申込者のメールアドレス339件が流出した。

誤送信が発生したのは、同研究科主催の国際シンポジウム「日英共同開発『考え込み防止』認知行動療法による折れない心を育てるWeb研修サービス」の参加申込者に送信した案内メール。10月4日16時半過ぎに一斉送信した際、送信先の全アドレス399件が表示された状態で送った。そのうち10件には氏名も含まれる。

今回の誤送信を受け、同大学では同日17時半過ぎに対象となる申込者に対して謝罪した。不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 東京サマーランド
事業の実践報告会参加者宛てメールで誤送信 - 大阪府
案内メール誤送信で事業所担当者のメアド流出 - 協会けんぽ
メールアドレスでスペルミス、異なる宛先に誤送信 - JA福岡信連
通勤中にUSBメモリ紛失、その後回収 - 新潟県工業技術総合研究所
通知メール誤送信で応募者のメアド流出 - 東京・春・音楽祭
顧客1671人に送信したアンケートメールで誤送信 - 近鉄
FAX送信先の確認に使用した医療機関リストを誤送信 - 大阪府
成績通知書ファイルを学生にメール誤送信 - 別府大