Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IE狙う標的型ゼロデイ攻撃が発生 - MSが「Fix it」を公開、修正パッチも開発中

「Internet Explorer」の脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃が発生していることがわかった。脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムは開発中で、緩和策として「Fix it」が提供されている。

今回明らかになった「CVE-2013-3893」は、サポート中である全バージョンの「Internet Explorer」が影響を受ける脆弱性。細工が施されたウェブサイトを閲覧するなど、脆弱性が悪用された場合、リモートでコードを実行されるおそれがある。

すでに日本マイクロソフトでは、「同8」「同9」の脆弱性を狙った標的型攻撃を確認しており、回避策として「Fix it」を公開。また「Microsoft Active Protections Program(MAPP)」を通じてセキュリティベンダーへ情報を提供した。

同社では、セキュリティ更新プログラムの開発を進めており、定例外による提供も含め、対応を検討している。また「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」の活用など、緩和策をアナウンスし、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、月例パッチで修正 - 他脆弱性にも注意
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、10月定例パッチに修正含まれず
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
「Exchange Server」ゼロデイ脆弱性、緩和策も刻々変化
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
Apple、「iOS 12.5.6」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消