Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

障害者技能競技大会の参加者名簿を会場内で紛失 - 大阪障害者職業センター

高齢・障害・求職者雇用支援機構 大阪障害者職業センターが実施した「平成25年度大阪障害者技能競技大会」において、参加者64人の個人情報が記載された名簿が所在不明になっている。

同センターによれば、紛失が発生したのは大会のワード・プロセッサ競技会場であるポリテクセンター関西。7月6日の競技終了後、審査員が競技選手との質疑応答のため審査員席を離れ、選手席で十数分間対応した間に、審査員席に置いていた審査員用名簿がなくなったという。

紛失したのはワード・プロセッサ、DTP、パソコンデータ入力、ホームページ、データベースの競技種目における参加者名簿で、64人分の氏名、性別、競技種目、障害部位と等級、所属、必要な補助などの種類、過去大会の入賞記録などが記載されていた。

同センターでは、警察へ紛失を届けるとともに、対象となる選手やその保護者、所属企業関係者などに説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2013/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県