Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON 2013」地方予選がスタート - 横浜大会は個人戦

セキュリティ技術を争う競技大会「SECCON」の地方予選が迫ってきた。SECCON CTF実行委員会では、最初の地方予選大会となる「SECCON×CEDEC CHALLENGE」の参加者を募集している。

2013年度の「SECCON」は、前年度に開催された学生向けCTF大会「SECCON」と、経済産業省による社会人向けイベント「CTFチャレンジジャパン」を融合させたセキュリティ技術の競技会。

横浜大会は、個人戦としており、予選、決勝の2日間の日程で開催。CTFの枠組みにとらわれない試みを取り入れたという。

初日の予選は「オープンCTF」を採用。「アセンブラかるた」「SQLインジェクションチャレンジ」などのミニコンテストを予定しており、幅広い参加者を募る。

2日目は、優秀な成績を残した予選通過者によるクイズ形式のCTFを予定。優勝者には、チームを組み、全国大会へ出場するためのシード権が与えられる。

会場は、パシフィコ横浜コンベンションセンター。日程は、8月22日、23日。参加資格は特に設けられておらず、初日の予選も定員などは設定していない。参加にあたってはCEDECへ入場する必要があるが、限定80人に入場券がなくても参加できる「SECCONチャレンジャーパス」を発行する。

参加エントリーは、参加申し込みフォームから。また今後全国で地方大会を開催する予定だが、募集開始時に登録メールアドレスへ案内を送信するサービスをウェブサイトで提供している。

(Security NEXT - 2013/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
学生向けCTFコンテストを11月に都内で開催 - NRIセキュア