Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

故人や喪主の情報が委託業者経由で外部に漏洩 - 愛知冠婚葬祭互助会

愛知冠婚葬祭互助会は、顧客情報を業務委託先の業者が無断で外部の第三者へ漏洩していたことを明らかにした。

同社より業務を請け負っていた業者が、顧客の個人情報を第三者へ無断でファックス送信していたもの。故人の氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、宗派や寺院名、家紋、ペースメーカーの有無など。また喪主の氏名や住所、電話番号、故人との関係、葬儀費用などの情報も含まれる。

5月12日に判明し、当事者である業者に聞き取り調査を行っているが、漏洩した顧客を特定できておらず、同社では引き続き調査を行っている。現時点で、二次被害は発生していない。

今回の問題を受けて同社では、請負業者の選定基準を厳格化や、顧客情報の管理方法を見直しなど、再発防止策に取り組むという。

(Security NEXT - 2013/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
観光促進キャンペーンの当選メールで送信ミス - 高知県
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市