Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE 9」以前、ローカルXMLファイルの処理に脆弱性 - 修正予定なし

「Internet Explorer 9」やそれ以前のバージョンにおいて、「XMLファイル」の処理に脆弱性が存在することがわかった。悪用されると情報が漏洩するおそれがあるが、脆弱性の修正は予定されていないという。

脆弱性情報サイト「JVN」が、情報を公開したもので、問題の脆弱性は、「同9」を含む以前のバージョンに存在。現時点でCVE番号は割り振られていない。「CVSS v2.0」による評価値は「2.6」の「注意」。

ローカルディスク上に保存された悪意あるXMLファイルを影響を受ける「IE」で開くと、ローカルディスク上に保存されているデータが読み込まれ、外部に漏洩するおそれがあるという。「Windows 7」以降が対応している「同10」であれば影響を受けない。

今回の脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの諌山貴由氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整したが、日本マイクロソフトでは、修正しない方針だという。

「Windows Vista」以前の利用者は「同10」へアップデートができないため、ローカルディスク上に信頼できないXMLファイルを保存しないなど、回避策を講じる必要がある。

(Security NEXT - 2013/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開