Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク・テクノロジー、スマホ対応検疫ソリューションを提供 - Macもオプション対応

ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は、モバイルPCやスマートデバイスなど、持ち込み端末の検疫などを実現する「BYOD検疫導入・運用サービス」を提供開始した。

同サービスは、不正侵入対策や検疫機能を搭載したForeScout Technologies製のセキュリティアプライアンス「CounterACT」の導入や、同製品の運用監視を行うサービス。同製品はエージェントレスで利用でき、ポリシーに違反した端末を自動で検知し、検疫を行える。

パソコンだけでなく、スマートデバイスの検疫も可能。Macに対してもオプションで対応可能だという。導入サービスの料金は180万円から。端末の料金は含まれない。運用サービスは、月額34万円からを予定している。同社では今後3年間に50社へ提供することを目標に製品を展開していく。

(Security NEXT - 2013/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応