Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」の設定ソフトに脆弱性

公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」に接続するためのソフトウェアに脆弱性が含まれていたことがわかった。すでにアップデートが提供されている。

脆弱性情報サイト「JVN」が情報を公開したもので、ソフトバンク・モバイルやウィルコムが提供している「ソフトバンクWi-Fiスポット」の設定用ソフトウェアに脆弱性「CVE-2013-2310」が含まれる。

アクセスポイントへ接続する際に、利用者に許可なくユーザー情報を送信するため、第三者にユーザー情報が取得されるおそれがある。

3G携帯電話やモバイルWi-Fiルータ、AndroidやWindows Mobileを搭載したスマートフォンなど多数機種に影響があり、2012年12月より順次ソフトウェアの更新などで脆弱性の修正が行われている。

今回見つかった脆弱性は、酒井雅志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2013/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も