Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドコモ米国子会社に不正アクセス、顧客情報流出 - クレカ情報も

NTTドコモの米国子会社であるNTT DOCOMO USAが不正アクセスを受け、現地在住の日本人向けに提供している携帯電話サービス「DOCOMO USA Wireless」の顧客情報が流出したことがわかった。

現地時間4月26日に流出が判明したもので、米子会社サイトから同サービスへ申し込んだ顧客の氏名、住所、生年月日、メールアドレス、クレジットカードの番号や名義、発行会社、有効期限など個人情報403件が流出した。

また一部店舗から申し込んだ顧客1805件の電話番号、アカウント番号、サービス利用プラン、契約場所なども外部へ流出したが、氏名は含まれていないという。同社では対象となる顧客に連絡し、今後の対応などについて説明している。

またNTTドコモは、米子会社と日本国内で提供しているサービスとは異なるとし、国内サービスの利用者については、今回の不正アクセスの影響を受けないと説明している。

(Security NEXT - 2013/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
Pマーク事業者の事故報告は3048件 - 前年度比約15%増
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく