Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR東の会員向けサイトでも不正ログイン - 他社被害を受け調査したところ判明

JR東日本の会員向けサービス「My JR-EAST」に対して、不正にログインを試みる攻撃が発生していたことがわかった。同社ではログインが成功した一部アカウントに対し、ログイン制限を実施している。

20130417_je_001.jpg

同社によれば、他社サイトで被害が発生していることから調査を行ったところ、被害に気が付いたもので、3月31日12時半前から14時前にかけて、特定のIPアドレスより約2万6000件のアクセスがあったという。

今回の攻撃で、97アカウントにおいてログインが成功しており、ログインできないよう制限した上で、該当する会員に対して連絡を取っている。

同社では他サービスに対しても同様の攻撃が行われていないか確認するとともに、利用者へパスワードの使い回しや脆弱なパスワードの利用を避けるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ