Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、一部月例パッチの配信を中止 - 一部環境で不具合が発生

日本マイクロソフトは、一部環境で不具合を確認したとして、セキュリティパッチ「KB2808735」の提供を中止した。アンインストールを呼びかけるとともに、不具合の原因について調べている。

同プログラムは、月例セキュリティ更新プログラム「MS13-036」の一部として4月10日に公開したもの。「Windows Vista」「Windows 7」「Windows Server 2008」「同R2」の一部環境で「Windows」や「アプリ」が正常に起動しなくなる不具合が確認されたという。

問い合わせの増加など目立った動きは見られず、影響の範囲は限定的だが、カスペルスキーの一部製品や「瞬快 Rel.8.0」「SKYMENU Pro」など、一部アプリが影響を受けることが判明している。

同社では不具合の判明を受けて、「Windows Update」による配信や、ダウンロードセンターによる提供を中止。同社では、今回の現象について調査を進めており、再リリースを含めて対応を検討している。

すでに「KB2823324」を適用している場合は、不具合の有無に関係なく、アンインストールすることを推奨。また「MS13-036」で提供されている「KB2808735」については問題なく、アンインストールせずにそのまま適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2023年1月の月例セキュリティパッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
米政府、「OWASSRF」など悪用脆弱性2件について注意喚起
新手の攻撃手法「OWASSRF」 - 「ProxyNotShell」軽減策をバイパス
Veeam製バックアップ製品を狙う脆弱性攻撃が発生 - 早急に対処を
MS、2022年最後の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、月例パッチで修正 - 他脆弱性にも注意
MS、11月の定例パッチを公開 - 悪用済み脆弱性6件を修正
MS、10月の月例セキュリティ修正を公開 - ゼロデイ含む脆弱性84件に対応
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、10月定例パッチに修正含まれず
米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す