Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー、ウイルス検知機能備えた1Uラック型NASを発売

バッファローは、ウイルスチェック機能を搭載したネットワークストレージ「テラステーション」の新モデル「TS5400R1604V5」を4月下旬より発売する。

同製品は、ウイルスチェック機能を備えた1UラックマウントタイプのNAS製品。4ベイで記憶容量は16Tバイトを備えており、RAIDへ対応するほか、2台を用いて「フェイルオーバー」「レプリケーション」など冗長化することも可能。

ウイルス定義ファイルの自動更新に対応しており、5年分のライセンスが付属。リアルタイムスキャンにより保存するデータを常時監視し、ウイルス感染したファイルが保存された場合、隔離や駆除を実施する。価格は54万6000円。

(Security NEXT - 2013/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化