Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DADWAYが運営する通販2サイトで顧客情報が閲覧可能に

ベビー用品やペット用品の輸入、販売を展開するダッドウェイは、運営するオンラインショップ2件の顧客情報が外部から閲覧可能な状態にあったことを明らかにした。

閲覧できたのは、2010年1月27日から2012年6月17日の間に、ドイツのベビー用品ブランド「NUK」の公式オンラインショップ、および「DADWAY PET オンラインショップ」で会員登録した2124人の個人情報。4月3日に指摘があり問題が判明した。

氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレスのほか、入力が任意だった職業や購入日、購入回数などの情報が含まれており、2012年6月18日から2013年4月3日の間、特定のURLを直接入力することで閲覧可能だった。

また検索エンジンへ登録され、2013年4月3日から4日にかけて検索可能となり、個人情報を閲覧できる状態となった。外部から数件のアクセスがあったが、現時点で不正利用は確認されていないという。

同社では、サイトリニューアル作業中のプログラム処理およびセキュリティの不備が原因としており、同社では4日にオンラインショップサービスを一時停止。不具合を解消し安全確認を行ったとして、10日にサービスを再開した。

同社では、対象となる顧客に報告するとともに、システムの監視強化など再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2013/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟