Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!メール」のログインページを装ったフィッシングサイトに注意

20130326_ap_001.jpg
フィッシングサイト(画像上)と正規サイト(同下)

ヤフーやフィッシング対策協議会では、ウェブメールサービス「Yahoo!メール」を装ったフィッシングサイトが確認されたとして、注意喚起を行っている。

今回見つかったフィッシング攻撃は、「Yahoo!メール」のログインページを装い、IDやパスワードなどを詐取するフィッシングサイト。正規サイトのデザインを盗用しており、表示内容が非常に酷似しているため、デザインで正規サイトとフィッシングサイトを見分けるのは困難となっている。

3月26日9時の時点でサイトが稼働しており、同協議会では、サイト閉鎖に向け、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、今後も類似したフィッシングサイトが公開される可能性もあると指摘。ヤフーでは、アクセスしたサイトが「Yahoo! JAPAN」の正しいURLであるか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も