Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 広島大病院

広島大学病院の医師が、患者265人の個人情報含むUSBメモリを院内で紛失していたことがわかった。

所在が不明となっているUSBメモリには、同医師が臨床研究に活用するため電子カルテを参考に作成した資料が、論文や実験データとともに保存されていた。2月28日に同医師が研究室でメモリを使用した後、院内で紛失したと見られている。

患者265人の氏名、性別、年齢、病名、主治医名、入院日、経過、検査所見などが含まれる。そのうち97人のデータにはパスワードが設定されていた。同院では、対象となる患者に対し、事情を説明し、謝罪する文書を送付した。

(Security NEXT - 2013/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
顧客情報紛失、閉店作業忙しく管理なおざりに - 化粧品販売店
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大