Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Symantec Messaging Gateway」の旧版に深刻な不具合 - 情報漏洩のおそれ

シマンテックは、メールセキュリティ製品「Symantec Messaging Gateway」の旧バージョンにおいて、メールの送受信に不具合が存在し、情報漏洩が発生する可能性があるとして、最新版へアップグレードするよう呼びかけている。

問題が見つかったのは、2011年9月28日にリリースした「バージョン9.5.2」、および同年12月8日より提供している「バージョン9.5.3」。いずれのバージョンも、送受信するメールの扱いに不具合があり、本来の送信先以外へメールが届き、情報漏洩を引き起こす可能性があるという。

今回の問題は、2012年5月23日より提供している「バージョン9.5.4」で解消されている。同社では、一部顧客で問題が発生したとして、通知の遅れを謝罪するとともに、旧バージョンの利用者にアップグレードを呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正