Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidアプリの解析や改ざんを防止する難読化ツール

エージーテックは、米PreEmptive Solutionsが開発したJava開発環境向けの難読化ツール
「DashO Version 7」を提供開始した。

同製品は、Androidにも対応したJava環境向けの難読化ツール。リバースエンジニアリングによる解析や改ざんを防止。不正アプリの流通を防止する。

プログラム解析のヒントとなりやすい識別子の名前変更や、制御フローの難読化、文字列の暗号化など、複数の手法を組み合わせた難読化に対応。また改ざん検出やウォーターマーク、Eclipseとの統合にも対応している。

価格は、「DashO 7 Professional Build Machine License」が66万1500円。「DashO 7 Professional Named User License」が16万8000円。

(Security NEXT - 2013/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化