Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が法人顧客の出荷情報約を不正提供 - 佐川急便

佐川急便は、元従業員が法人顧客の出荷情報を同業他社へ不正に提供していたと発表した。

元従業員が、2010年1月から2012年10月にかけて、同社法人顧客1社の出荷情報を、許可なく顧客の同業他社1社に対して提供していたもの。件数は累計で約1万件にのぼるという。

不正に提供された情報には、発送先の顧客名、住所、電話番号などの情報が含まれる。すべて企業向けの発送明細で、個人の情報は含まれない。同社では、社員教育を徹底し、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2013/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
破産者情報掲載サイトに停止を勧告 - 個情委
保健所提供データに個人情報、加工前データの削除を失念 - 静岡市
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん