Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が法人顧客の出荷情報約を不正提供 - 佐川急便

佐川急便は、元従業員が法人顧客の出荷情報を同業他社へ不正に提供していたと発表した。

元従業員が、2010年1月から2012年10月にかけて、同社法人顧客1社の出荷情報を、許可なく顧客の同業他社1社に対して提供していたもの。件数は累計で約1万件にのぼるという。

不正に提供された情報には、発送先の顧客名、住所、電話番号などの情報が含まれる。すべて企業向けの発送明細で、個人の情報は含まれない。同社では、社員教育を徹底し、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2013/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
顧客個人情報を同意を得ずトヨタへ提供 - トヨタ車ディーラー
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も