Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月の月例セキュリティ更新プログラムは12件を予定 - 深刻度「緊急」5件

日本マイクロソフトは、2月13日に12件の月例セキュリティ更新プログラムを公開するとの事前予告を発表した。

深刻度が4段階中もっとも高い「緊急」のプログラムは5件。「Windows」や「Internet Explorer」「サーバ製品」に存在する脆弱性へ対処するもので、いずれも脆弱性が悪用された場合、リモートでコードを実行されるおそれがある。

残りのプログラム7件の深刻度はいずれも「重要」にレーティングされている。「Windows」「Office」「サーバ製品」「.NET Framework」に対応するプログラムで、リモートによるコード実行や、特権の昇格、サービス拒否の問題に対応する。

(Security NEXT - 2013/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性