Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウェザーニュースタッチ」に位置情報漏洩のおそれ - アップデートで修正

ウェザーニューズが提供する天気情報アプリ「ウェザーニュースタッチ」のAndroid版に、位置情報が漏洩する脆弱性が含まれていたことがわかった。最新版で修正されている。

脆弱性情報サイト「JVN」によれば、同アプリの旧バージョンに、位置情報をシステムログへ出力する問題が存在しており、ログ情報を閲覧できる権限を持った他アプリによって位置情報を取得されるおそれがある。

影響を受けるのは、「同ver2.3.2」のAndroid版で、それ以前のバージョンも影響を受ける。すでに脆弱性を修正した最新版が公開されている。

今回の脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの望月岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2013/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加