Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、悪用が発生している「ColdFusion」の深刻な脆弱性を修正

Adobe Systemsは、「ColdFusion」で明らかになった深刻な脆弱性を修正するホットフィクスを提供している。

同プログラムは、「同10」「同9.0.2」「同9.0.1」「同9.0」向けの修正プログラム。Windows、Mac OS X、UNIX向けに提供されている。あわせて4件の脆弱性を修正しており、脆弱性が攻撃を受けた場合、認証が回避されたり、リモートで制御されるおそれがある。

修正された4件の脆弱性のうち、「CVE-2013-0632」は、すでに悪用が確認されており、同社では、すべてのOS環境について適用優先度を「1」に設定。早急な対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド製パスワード管理製品に脆弱性 - アップデートが公開
「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性