Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、重要インフラ関係者向けシンポジウムを開催

情報処理推進機構(IPA)は、都内で「IPA重要インフラ情報セキュリティシンポジウム2013」を2月22日に開催する。

同イベントは、情報通信や金融、エネルギー、運輸、行政サービスなど、重要インフラ事業者やシステムを提供するベンダーを対象としたシンポジウム。

制御システムにおけるセキュリティの標準化や評価、認証の国内動向を紹介するほか、手口が巧妙化するサイバー攻撃への対策として、米国におけるサイバー攻撃の動向に関する講演やパネルディスカッションが予定されている。

定員は300名で事前申込制。参加費用は無料で専用のメールアドレスにて受け付ける。

(Security NEXT - 2013/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
「SolarWinds Orion」のAPIに認証回避のおそれ
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
NISC、「SolarWinds Orion Platform」の脆弱性で注意喚起
米連邦政府機関に「SolarWinds Orion」製品の遮断命令
SolarWindsのIT管理製品がAPT攻撃の標的に - 巧妙な隠蔽も
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ