Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE 7」に未修正の脆弱性 - ゼロデイ攻撃発生中

「Java SE 7」に未修正の脆弱性が存在していることがわかった。ゼロデイ攻撃も発生しており、セキュリティ専門機関やベンダーが注意を呼びかけている。

脆弱性情報サイト「JVN」によれば、今回明らかになった「CVE-2013-0422」は、「JDK 7」「JRE 7」において、サンドボックスを回避され、任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性。

ウェブ経由でブラウザにJavaアプレットを読み込ませたり、ファイルを直接開いた場合に攻撃を受けるおそれがある。すでに悪用コードが流通しており、攻撃が確認されている。

今回の問題を受け、NTTデータ先端技術では実際にシステムを用いて脆弱性について検証を実施。再現性を確認した。攻撃は容易であり、システム与える影響も大きいという。

1月11日の時点で、脆弱性を修正するアップデートは提供されておらず、最新セキュリティ対策ソフトの利用や、不必要なウェブへのアクセスを避けるといった基本的な対策にくわえ、ウェブブラウザの「Javaプラグインを無効にする」など、回避策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇