Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キーウェア、情報漏洩警告アプリに「画面情報流出防止」など3機能を追加

キーウェアソリューションズは、Androidを搭載したスマートフォン向けアプリ「セキュアカーテン」に新機能を追加した。

同製品は、情報を窃取するおそれがあるアプリをインストールした際に警告するセキュリティ対策アプリ。これまでアドレス帳とネットワーク機能を利用するアプリを検知する「アドレス帳漏洩防止」を提供していたが、3種類の新機能を追加した。

「不正Wi-Fi接続防止」機能では、ユーザーが安全性を確認していない見知らぬWi-Fiスポットへの接続を警告。また画面表示を外部に送信するアプリを検知する「のぞき見防止」機能や、画面表示を写真として保存するアプリを警告する「画面情報流出防止」機能を提供する。

現在評価版として提供しており、2013年1月10日までGoogle Playより無償でダウンロードできる。有償版は、1月上旬より提供を開始する予定。

(Security NEXT - 2012/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も