Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2件の脆弱性を修正した「Safari 6.0.2」が公開 - Mac版のみ

Appleは、脆弱性を修正した同社ブラウザの最新アップデート「Safari 6.0.2」をMac OS X向けに公開した。

今回のアップデートは、「WebKit」における脆弱性2件を修正するプログラム。細工されたウェブサイトを閲覧すると、不正にコードを実行されるおそれがある問題に対応した。

Windows版については、「同6」以降公開されておらず、「同6.0.1」の脆弱性も含め、修正が行われていない。JVNでは、現状対策方法は存在していないとして、Windows版の利用者に対し、使用を中止するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
5件のセキュリティ修正含む「Chrome 83.0.4103.97」が公開 - iOS版でも脆弱性に対処
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に