Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT-ATとCSE、仮想デスクトップ環境とワンタイムパスワードを連携

NTTアドバンステクノロジとシー・エス・イーは、Pivot3製デスクトップ仮想化アプライアンス「vSTAC VDITM」とワンタイムパスワード製品「SECUREMATRIX」の連携を実現したと発表した。

「vSTAC VDITM」は、VMware Viewを用いて仮想デスクトップ環境(VDI)を提供するアプライアンス。一方、SECUREMATRIXではハードウェアを利用せず、マトリックス上の表を用いてワンタイムパスワードを実現している。

両製品の連携により、シンクライアント端末やスマートフォン、タブレット端末から仮想デスクトップ環境にログインすることが可能となった。

(Security NEXT - 2012/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
「ファミマTカード」を装うフィッシング攻撃に注意 - T会員番号なども詐取
警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信