Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT-ATとCSE、仮想デスクトップ環境とワンタイムパスワードを連携

NTTアドバンステクノロジとシー・エス・イーは、Pivot3製デスクトップ仮想化アプライアンス「vSTAC VDITM」とワンタイムパスワード製品「SECUREMATRIX」の連携を実現したと発表した。

「vSTAC VDITM」は、VMware Viewを用いて仮想デスクトップ環境(VDI)を提供するアプライアンス。一方、SECUREMATRIXではハードウェアを利用せず、マトリックス上の表を用いてワンタイムパスワードを実現している。

両製品の連携により、シンクライアント端末やスマートフォン、タブレット端末から仮想デスクトップ環境にログインすることが可能となった。

(Security NEXT - 2012/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「三菱UFJ銀行」を装うSMSに注意 - 偽サイトに誘導
NTTドコモ装うフィッシング - 「dカード利用停止」と不安煽る
「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
止まぬPWリスト攻撃 - 他所情報流出の影響で増加傾向も
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
「ファミマTカード」を装うフィッシング攻撃に注意 - T会員番号なども詐取