Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非常勤調査員が統計調査対象者名簿を一時紛失 - 大阪府

大阪府は、一般統計調査の調査員が、調査対象者13人の個人情報が記載された名簿を紛失したと発表した。名簿は翌日拾得され、回収している。

一時紛失したのは、厚生労働省が実施する統計調査「21世紀成年者縦断調査」の調査対象者名簿。7世帯13人分に氏名、住所、性別、生年月日、配偶関係の有無などが記載されていた。

10月21日夕方、富田林保健所管内の調査員が対象世帯を訪問後、バイクで帰宅する途中に後部のかごから書類が落下し紛失。翌日午前に、拾得した一般府民からの連絡があり、名簿を回収した。

同府では、対象世帯を訪問して謝罪している。

(Security NEXT - 2012/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存