Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印刷したユーザーや内容を特定できる「WISE Print 印刷ログ監査」

エアーは、印刷ログ監査ソリューション「WISE Print 印刷ログ監査」を11月30日より提供開始する。

同製品は、サーバとPC端末のエージェントで構成された印刷ログの一元管理ソリューション。プリンタや複合機による印刷ログや印刷イメージを保存し、情報漏洩などインシデント発生時に印刷内容を確認できる。

印刷したユーザーと印刷ドキュメントの情報をQRコード化し、透かしとして印刷するため、印刷物からユーザーを特定することが可能。不正印刷や印刷物の放置を抑止する効果も期待できる。

また従来の「WISE Print Enterprise」の機能を搭載。利用者やプリンタの管理、トナーの節約なども実現する。1500から2000ユーザー導入時の価格は、1ユーザーあたり9660円。

(Security NEXT - 2012/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開
機械学習の顔認識を防止する画像加工サービス
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
指紋認証機能を搭載したクレジットカード - 凸版印刷