Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タオ、Androidアプリ提供者向けのガイドラインを公開

タオソフトウェアは、「アンドロイドスマートフォンプライバシーガイドライン」を作成し、同社サイト上で公開した。無償で利用できる。

スマートフォン利用者において、プライバシーに関する不安が高まる一方、アプリ提供者に自主的な対策が求められている現状を受け、同社がAndroidアプリにおけるプライバシーガイドラインを独自に作成したもの。

同社は、Androidアプリケーションの開発やAndroidのセキュリティ書籍などを手がけており、これまでのノウハウを活用。8月に総務省が公開した「スマートフォンプライバシーイニシアティブ」からAndroidアプリ提供者に必要な事項を抽出。さらにAndroidアプリ特有の要件を追加し、再構成した。

アプリが利用する情報の種類や利用目的ごとに、利用者に対してどのような情報提供を行ったり、許諾を得るべきか、ガイドラインとしてまとめている。ライセンスは、Apatch License 2.0で、無償で利用できる。

(Security NEXT - 2012/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化