Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タオ、Androidアプリ提供者向けのガイドラインを公開

タオソフトウェアは、「アンドロイドスマートフォンプライバシーガイドライン」を作成し、同社サイト上で公開した。無償で利用できる。

スマートフォン利用者において、プライバシーに関する不安が高まる一方、アプリ提供者に自主的な対策が求められている現状を受け、同社がAndroidアプリにおけるプライバシーガイドラインを独自に作成したもの。

同社は、Androidアプリケーションの開発やAndroidのセキュリティ書籍などを手がけており、これまでのノウハウを活用。8月に総務省が公開した「スマートフォンプライバシーイニシアティブ」からAndroidアプリ提供者に必要な事項を抽出。さらにAndroidアプリ特有の要件を追加し、再構成した。

アプリが利用する情報の種類や利用目的ごとに、利用者に対してどのような情報提供を行ったり、許諾を得るべきか、ガイドラインとしてまとめている。ライセンスは、Apatch License 2.0で、無償で利用できる。

(Security NEXT - 2012/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
「情報システムモデル契約」に改訂版 - セキュ仕様の作成プロセスも整理
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
電気通信事業向け個人情報保護GL解説で改正案 - 意見を募集
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら