Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Dr.Web for Android」がアップデート - 検知マルウェアが新種か報告

Doctor Web Pacificは、「Dr.Web 7.0 for Android」をアップデートし、新機能を追加した。

最新版では、検知したマルウェアが新種であるか、既知マルウェアの亜種であるか、ユーザーに報告する機能を追加。同社研究機関への新種のみ送信し、既知のマルウェアに関する報告を省略できる。

またカスタムスキャン実施後に表示される脅威リスト上のファイルを、解析するために同社へ送信する機能を搭載。Appleがアプリに用いているアーカイブフォーマット「ipa(Apple Device Application File)」へあらたに対応した。

さらにアップデートやライセンス更新の簡略化を行ったほか、ユーザーインタフェースや安定性の改善なども行っている。

(Security NEXT - 2012/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡