Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロティビティ、セキュリティインシデント対応態勢の整備を支援

プロティビティは、企業や公共機関向けに「インシデントレスポンス対応態勢構築支援サービス」を提供開始した。

同サービスは、企業や政府機関におけるセキュリティインシデントへの対応態勢について、現状評価や態勢構築、訓練支援などをトータルで提供するコンサルティングサービス。

態勢の現状評価後、インシデント対応方針を策定し、組織体制および対応プロセスを設計。さらに規程や手順書、マニュアルの整備など態勢構築を行い、訓練の実施支援も提供する。態勢整備後も、情報提供や発生インシデントの解析など継続したサポートを行うという。

(Security NEXT - 2012/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
CrowdStrikeとMandiantが戦略的パートナーシップ
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
インシデント初動対応の準備を支援するサービス - BBSec