Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEの未修正脆弱性、「Poison Ivy」によるゼロデイ攻撃に悪用される

Internet Explorerに未修正の脆弱性が発見された。トロイの木馬をインストールする攻撃が発生しているとしてセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

今回の脆弱性は、セキュリティ研究者であるEric Romang氏が、ブログ上で発表したもの。8月にゼロデイ攻撃が発生したJavaの脆弱性「CVE-2012-4681」を調査している際に発見したという。

日本マイクロソフトでは、セキュリティアドバイザリで標的型攻撃に関する報告を受けたことを公表。さらにAlienVaultは、サイバー攻撃に用いられるリモートアクセスツール「Poison Ivy」で作成されたと見られるトロイの木馬をインストールする攻撃を確認したことを明らかにしている。

すでに問題の脆弱性は、検証用セキュリティツール「Metasploit」へ登録されていることからも、今後攻撃に対して注意する必要がある。

(Security NEXT - 2012/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「Chrome」に2件のゼロデイ脆弱性 - 緊急更新を実施
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ