Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パスワード再設定機能の悪用した学生への「なりすまし」が発生 - 神奈川大

神奈川大学のネットワークサービスにおいて、学生が利用するアカウントのパスワードを不正に変更することによる「なりすまし」が発生した。

同大によれば、同大ネットワークサービスにおけるパスワードの再設定機能が悪用され、同大生の「なりすまし」が発生したもので、パスワードリマインダを利用する再設定機能へ執拗にアクセスがあり、パスワードを変更できる状態になったという。

同大では、今回の不正アクセスを受け、不審な通信を遮断するとともに、パスワード再設定機能を停止するなどの対策を実施。「なりすまし」による学生への大きな被害は確認されていないと説明している。

(Security NEXT - 2012/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
メルアカ2件がスパム踏み台被害、外部流出PWを悪用か - 愛媛大
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工