Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CCC、ウェブ閲覧履歴を取得するポイントサービスを停止 - 再開は9月以降に

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とオプトは、「Tポイントツールバー」利用者にポイントを付与するサービスの提供を一時停止している。

同サービスは、両社が共同で展開する会員向けのポイントサービス。広告配信のため会員からウェブの検索や閲覧履歴を取得する代わりに、ブラウザにインストールした同ツールバー上から検索を行ったユーザーへ、回数に応じてポイントを付与する。

同ツールは、取得したウェブアクセス履歴を外部に送信するが、送信データを暗号化していないことが利用者やセキュリティ専門家の指摘により判明。情報漏洩などを懸念する声が上がっていた。

こうした批判を受けて同社では、通信内容を暗号化するなど対応。さらに履歴情報の取得を停止し、8月中に新バージョンをリリースするとしていたが、サービス再開を9月以降に延期することを明らかにした。取得した情報については8月31日に削除する予定。

(Security NEXT - 2012/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応