Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、7月に公開した月例パッチ「MS12-043」を再リリース - 「MSXML 5.0」の脆弱性を修正

日本マイクロソフトは、8月の月例セキュリティ更新プログラムの公開にあわせ、7月に公開した「MS12-043」を再リリースした。

同プログラムは、Windowsに含まれる「Microsoft XMLコアサービス(MSXML)」の脆弱性「CVE-2012-1889」を修正するプログラム。問題の脆弱性は、「MSXMLオブジェクト」に存在しているもので、悪用されると任意のコードを実行されるおそれがある。深刻度は「緊急」としている。

7月のパッチでは、脆弱性の悪用が当時確認されていた「MSXML 3.0」の修正を優先。「同4.0」「同6.0」についても同時に修正したが、「同5.0」への対応については品質の確保を理由に見送っていた。今回の再リリースで修正し、同バージョンのユーザーに対して早期に適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響