Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、ルート化したAndroid端末狙う「ANDROIDOS_BOTPANDA.A」の感染者向けに修復ツール

トレンドマイクロは、Android向けマルウェア「ANDROIDOS_BOTPANDA.A」によって不正に変更されたファイルを修復するツール「BotPanda Cleaner」を公開した。

「ANDROIDOS_BOTPANDA.A」は、Android端末をボット化する不正プログラム。駆除を逃れるために特定ファイルを変更するなど巧妙な攻撃を行うことから、同社では被害者向けに修復ツールを用意した。

同ツールは、Google Playからダウンロードすることが可能。修復にはルート権限を要することから、ルート化した端末上でのみ動作する。ただし、ルート化する機能は備えていない。

「ANDROIDOS_BOTPANDA.A」による攻撃では、アプリ本体ではなく、ライブラリファイル「libvadgo」に不正な機能を持たせているのが特徴で、同社では55件の不正なファイルを確認。

これらファイルを用いた42件のアプリを検知しており、そのうち28件は7月に入ってからも非公式のアプリ配信ストアを通じて配布されているという。同社ではこれらアプリのダウンロード回数について少なくとも3万1000回にのぼると分析している。

(Security NEXT - 2012/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIG-IP」などF5の複数製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
スマホ向け主要プロセッサのAppleロスレス処理に脆弱性 - 2021年12月に修正
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
「Firefox」が緊急アップデート - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
VMwareのBYOD用モバイルアプリに脆弱性 - アップデートが公開
オンライン会議「Zoom」のチャット機能に脆弱性 - 「zip爆弾攻撃」受けるおそれ
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
「Yappli」で作成されたAndroidアプリに脆弱性 - 最新環境で再作成を