Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

配達員が郵便物1万2000通を未配達のまま放棄

郵便事業四国支社は、愛媛県新居浜市の新居浜支店に所属していた元配達員が、1年半にわたって約1万2000件の郵便物を配達せず放棄、隠匿していたことを明らかにした。

同社によれば、期間雇用の元配達員は、2011年1月上旬から2012年6月22日の間、普通郵便物など約1万2000通を、業務を早く終わらせるため配達せず、放棄または隠匿していたという。同配達員は6月27日付で懲戒解雇されており、28日に郵便法違反で逮捕された。

同社では、発見された郵便物については差出人と受取人に謝罪したうえであらためて配達するとともに、対象となるエリアの全世帯を対象に謝罪状を配布するなどの対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2012/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町
看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局