Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

配達員が郵便物1万2000通を未配達のまま放棄

郵便事業四国支社は、愛媛県新居浜市の新居浜支店に所属していた元配達員が、1年半にわたって約1万2000件の郵便物を配達せず放棄、隠匿していたことを明らかにした。

同社によれば、期間雇用の元配達員は、2011年1月上旬から2012年6月22日の間、普通郵便物など約1万2000通を、業務を早く終わらせるため配達せず、放棄または隠匿していたという。同配達員は6月27日付で懲戒解雇されており、28日に郵便法違反で逮捕された。

同社では、発見された郵便物については差出人と受取人に謝罪したうえであらためて配達するとともに、対象となるエリアの全世帯を対象に謝罪状を配布するなどの対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2012/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市
従業員が郵便物1.3万件を放置、再配達を実施 - 日本郵便
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
顧客情報含む書類を別の顧客に投函 - 三重のCATV局
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市