Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR東日本の会員向けサイトで不具合 - 他人の個人情報が閲覧可能に

JR東日本が運営するイベントサイトで、他人の個人情報が表示される不具合が発生したことがわかった。

不具合が発生したのは、日帰りハイキングイベントのサイト「駅からハイキング」。閲覧者の指摘により判明したもので、6月14日11時から15日の12時にかけて、会員情報の登録変更画面で関係ない別の会員から氏名、住所、電話番号、年齢、性別など個人情報が閲覧可能となった。

アクセス集中時のシステム負荷を軽減するため、6月14日に実施した設定変更が原因で、キャッシュサーバに異常が発生したという。調査により個人情報7件が閲覧されたことが判明し、同社では対象となる会員に対して謝罪している。

また今回の不具合発生を受け、15日12時よりサイトを一時停止して修復作業を行い、同日23時に一部会員機能を除いてサイトを再開。その後安全性を確認したとして、17日18時より全面復旧している。

(Security NEXT - 2012/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
企業説明会の登録学生情報が閲覧可能に - 山梨県
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性