Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、スマホとタブレットを守るAndroid向けスイート製品

カスペルスキーは、Android搭載スマートデバイス用セキュリティ対策ソフト「カスペルスキーモバイルセキュリティ for Android」を6月15日に発売する。

同製品は、「カスペルスキーモバイルセキュリティ」と「カスペルスキータブレットセキュリティ」を含むセキュリティスイート。マルウェア対策機能をはじめ、迷惑電話やSMS対策機能、プライバシー保護機能、リモートからのデータ消去や端末ロック機能を備えている。

最新版では、ヒューリスティックスキャンや同社クラウド技術「カスペルスキーセキュリティネットワーク(KSN)」を活用した「クラウドスキャナー機能」をあらたに搭載。

「リスクウェア機能」により、アドウェアをはじめとする有害と思われるアプリを検知できるほか、管理者以外の権限でソフトウェアのアンインストールやデータ削除、端末ロックを防止することが可能。

さらに悪意あるサイトやフィッシングサイトへのアクセスをブロックする機能やレポート機能を装備。盗難対策機能についても強化しており、データ消去機能に工場出荷前の状態に戻す「完全リセット」や、位置情報を特定する「GPS追跡機能」、搭載カメラで撮影して画像を送信する「遠隔撮影機能」を用意した。

価格は、1年1台版が2980円。2ライセンスを含むツインパックが4480円。

(Security NEXT - 2012/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も