Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカ、フルタイム監視とアプライアンスによるDoS攻撃対策サービス

マクニカネットワークスは、監視サービスとアプライアンスにより、DoS攻撃から防御する新サービスを提供開始した。

120612mn_01.jpg
サービスイメージ(図:マクニカネットワークス)

「DoS/DDoS攻撃監視サービス」は、セコムトラストシステムズの有人監視サービスと振る舞いから検知する日本ラドウェア製DoS攻撃対策アプライアンス「DefensePro」を組み合わせて提供するセキュリティソリューション。

同サービスでは、導入時に利用者の環境にあわせたポリシーを作成。監視は24時間体制で実施し、攻撃発生時にはアプライアンスで遮断して、担当者へ連絡するほか、診断やアドバイスを提供する。また利用者は、ポータルサイトから定期レポートや機器の稼働状況を確認することができる。

(Security NEXT - 2012/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10