Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、フィルタリングソフトのDB強化 - 標的型攻撃対策に効果

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ウェブフィルタリングソフト全製品に対し、標的型攻撃やドライブバイダウンロード攻撃対策として、データベースを強化した。

機能強化の対象となるのは、ウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」、クラウド型ウェブフィルタリングサービス「InterSafe CATS」、家庭向けフィルタリングソフト「InterSafe Personal」。

同社では標的型攻撃対策として、新製品である「InterSafe WebFilter Ver.8.0」に、ドライブバイダウンロード攻撃を行うサイトのリストを「DBD攻撃サイトカテゴリ」として提供するが、既存製品に対しても同内容のリストを「不正コード配布カテゴリ」へ配信し、データベースの強化を図る。

また感染したマルウェアが通信する外部のボットネットやコマンド&コントロールサーバの情報についても研究機関より情報提供を受けてURLリストを充実させ、マルウェアによる通信の遮断を実現するという。

(Security NEXT - 2012/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
国内組織狙う標的型攻撃 - 対象製品利用者は侵害有無の確認を
J-CSIP、24件の脅威情報を共有 - 標的型攻撃は5件
米政府、脆弱性「Citrix Bleed」についてガイダンスを公開
「Citrix ADC/Gateway」にゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃による悪用も
東大教員PCが標的型攻撃でマルウェア感染 - 対策ソフトは検知せず