Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

漏洩事故で発生するコストは平均2億円 - シマンテック調査

シマンテックとPonemon Instituteは、情報漏洩時に企業全体で発生する費用が、平均2億71万9847円であるとの調査を取りまとめた。

2011年に日本国内で9業種15社において発生した情報漏洩を調査、取りまとめたもの。情報漏洩や盗難で発生するコストは、個人情報1件あたり平均1万1011円で、企業全体で発生するコストは、平均2億71万9847円だった。

賠償以外に顧客離れへの対策や新規顧客の獲得、信用の毀損など事業面で発生する損失コストは、平均7505万7636円。漏洩発生後における解約など顧客離れが発生した割合は平均3.5%で、金融サービス、医薬品、技術など一部業種で高い割合を示し、対策費用も上昇したという。

情報漏洩の把握や原因究明にあたり発生する費用は平均6202万2906円。被害者への通知コストは平均737万8401円だった。漏洩原因については、4割が不注意と回答。関係者による内部犯行(33%)、ITとビジネスプロセスの不備(27%)が続く。

また30日以内に被害者に通知を行う場合、個人情報1件あたり3999円のコストを削減できるほか、全責任を担うCISOを設置することで、1件あたり2185円を軽減できるとの試算を出している。

(Security NEXT - 2012/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討