Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Infoblox、DDoSやキャッシュポイズニングの対策機能を備えたDNS製品を発売

Infobloxは、DDoS攻撃への対策機能などを備えたDNSキャッシングアプライアンスの新製品「Infoblox 4030」を提供開始した。

同製品は、DNSキャッシングに特化したアプライアンス。ISPやキャリア向けに開発されたもので、1秒あたり100万件以上のDNSクエリを処理することができるという。さらに独自のグリッド技術により複数のアプライアンスを接続する拡張性を備えている。

またドメイン名の解決時に電子署名を付加することで、改ざんなどを検知を実現するDNSSECに対応。レポート機能やブラックリスト機能により、DDoS攻撃やキャッシュポイズニング攻撃などを自動で早期に検出し、攻撃サーバのURLを無効化することができる。

(Security NEXT - 2012/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
9月のDDoS攻撃、前月比約1割増 - 攻撃の規模や継続時間は縮小
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告