Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Infoblox、DDoSやキャッシュポイズニングの対策機能を備えたDNS製品を発売

Infobloxは、DDoS攻撃への対策機能などを備えたDNSキャッシングアプライアンスの新製品「Infoblox 4030」を提供開始した。

同製品は、DNSキャッシングに特化したアプライアンス。ISPやキャリア向けに開発されたもので、1秒あたり100万件以上のDNSクエリを処理することができるという。さらに独自のグリッド技術により複数のアプライアンスを接続する拡張性を備えている。

またドメイン名の解決時に電子署名を付加することで、改ざんなどを検知を実現するDNSSECに対応。レポート機能やブラックリスト機能により、DDoS攻撃やキャッシュポイズニング攻撃などを自動で早期に検出し、攻撃サーバのURLを無効化することができる。

(Security NEXT - 2012/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
渋谷区公式サイトで閲覧障害 - ネット活動家による犯行声明も
Windows経由でIoT機器に感染広げるボットネット - 標的は「Minecraft」
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
DDoS攻撃の観測件数が減少、一方で100Gbps超の攻撃も - IIJレポート
米政府、DDoS攻撃対策のガイダンスを公開 - 影響を考慮しつつ対策を
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「e-Gov」の障害原因が明らかに - 攻撃元など非公表
4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害