Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リクルートの婚活サービス、会員住所がすべて表示される不具合

結婚相手を紹介するサービス「TwinCue」において、通常は一部のみ表示される会員の住所がすべて表示される不具合が発生していたことがわかった。

不具合が発生したのは、4月25日23時18分から42分までの間で、この時間中にサービスにログインした場合、紹介されたパートナーの住所が、建物名以外すべて閲覧できる状態だったという。

住所が閲覧できた可能性がある会員は272人で、最大で5798人の住所が閲覧された可能性がある。原因はシステムメンテナンス中の作業ミスで、現在は復旧している。

同サービスを運営するリクルートゼクシィなびでは、関係者宛に文書を送付。また住所が閲覧できた272人に対し、所有している住所情報を破棄するよう個別に依頼した。

(Security NEXT - 2012/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで