Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスの調査完了は6月となる見込み - ベクター

ベクターは、顧客の個人情報が保存されたサーバが不正アクセスを受けた問題で、対状状況を報告した。

3月に同社のサーバが4回にわたり不正アクセスを受けたことが判明。同サーバに26万1161件の個人情報が保存されていたことから、同社では被害状況の調査やセキュリティ対策を進めている。

同社によれば、3月23日以降、不正アクセスの痕跡は検知していないという。被害状況については現在も調査を継続中としており、完了は6月となる見込みとしている。

一方セキュリティ対策として、ファイアウォールやネットワークセグメントの見直しによる不正アクセス対策を実施。保有する個人情報の削減や暗号化、モニタリングの強化など進めている。

今後は、さらなるセキュリティの強化のほか、クレジット決済サービスの再開を目指し、クレジットカードのセキュリティ基準であるPCI DSSを取得する予定。

(Security NEXT - 2012/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
ライトオンに不正アクセス、会員の個人情報が流出