Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Suica10周年キャンペーン」の賞品にウイルスが混入 - JR東

JR東日本が実施したキャンペーンの賞品「オリジナルデジタルフォトフレーム」の一部に、ウイルスが混入していたことがわかった。同社では、賞品の回収を急いでいる。

同社が2011年11月18日から12月15日の間に実施した「おかげさまでSuica10周年キャンペーン」の賞品として1000人にプレゼントしたデジタルフォトフレームの一部に、トロイの木馬と見られるウイルスが混入したもの。パソコンへ接続すると感染する可能性がある。

同社では、感染の原因や経路について調査を進めている。また当選者に対して電話やメールで連絡を取っており、賞品の回収や交換を実施する。

(Security NEXT - 2012/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
パナと東京建物、ビルシステムへの攻撃検知で実証実験
中学校で模範解答裏面にいじめ関係者の個人情報 - 仙台市
アポ取得の委託先が顧客情報を誤って他社へ報告 - 宮崎のCATV局
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
「ジーンズソムリエ」案内メールでメアド3497件が流出 - 誤データで本文扱いに
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
児童手当に関する書類の誤発送で個人情報流出 - つくば市
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT