Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本クエスト、Oracleに対応したデータ保護ソフト最新版をリリース

日本クエスト・ソフトウェアは、記録したデータの変更内容からリカバリを実現するバックアップソリューションの新版「NetVault FastRecover 4.5」を、3月より出荷開始する。

同製品は、データの変更内容をリアルタイムに取得し、必要に応じてバックアップが行えるソリューション。独自の仮想オンデマンドリカバリ技術により、データが損失した場合も希望した時点へ短時間で復旧できる。

最新版では、従来の「Windowsファイルサーバ」「Exchange Server」「SQL Server」にくわえ、「Oracleデータベース」と「Windows 7」に対応。Oracleでは、スナップショットをリアルタイムに取得することで保護を実現。レプリケーション機能によりWAN経由で別のサーバにデータを複製することもできる。

また、日本語のGUIを用意したほか、CIFSエクスポート機能を搭載。従来のバックアップソフトとの統合を実現し、スケジュールおよびオンデマンドによるバックアップが可能。価格は50万4000円から。

(Security NEXT - 2012/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化