Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含む医師の私用PCが所在不明 - 東京女子医科大

東京女子医科大学付属八千代医療センターにおいて、患者情報104件が記録されたノートパソコンの紛失が発生した。

所在不明となっているのは、医師が個人で所有しているノートPC。2008年5月から2010年7月までの間に入院していた患者104人分の氏名、一部住所、生年月日、転院先医療機関の情報などが記録されていたという。

1月27日に医師が紛失に気付き、翌28日に病院へ報告。警察へ紛失を届けた。同院では対象となる患者に対し、報告や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
職員室保管の個人情報入りPCが所在不明 - 埼玉県立高
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
PCから顧客情報流出の可能性 - 分析装置製造会社
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
個人情報含むPCを都内で紛失 - 講談社
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋