Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PHP 5.3.9」にコード実行の脆弱性 - 実証コード公開される

JPCERTコーディネーションセンターは、「PHP 5.3.9」に脆弱性「CVE-2012-0830」が含まれており、悪用されるおそれがあるとして、注意喚起を行った。

2月2日に脆弱性が公開され、すでに実証コードが公開されているいることから、注意喚起を実施したもの。脆弱性が攻撃を受けた場合、リモートでコードを実行される可能性がある。

脆弱性を修正した「PHP 5.3.10」が公開されており、アップデートにより修正することが可能。「PHP 5.3.8」および以前バージョンについては、同脆弱性の影響を受けないが、ほかの脆弱性を含んでいるため、注意が必要。

同センターでは、使用しているバージョンを確認し、十分なテストを実施した上で最新版へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
「GnuTLS」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Bluetooth」に脆弱性「BLURtooth」が判明 - 認証キー上書きのおそれ
「Adobe Experience Manager」に複数の深刻な脆弱性
「InDesign」「Adobe Framemaker」に複数の深刻な脆弱性 - 更新版リリース
Google、「Chrome 85」をリリース - 5件の脆弱性に対処
MS、9月の月例パッチで脆弱性129件を修正